常呂漁業協同組合 本部
http://www.n43.or.jp/tokoro/tokoro-g/
 
トップ案内・概要常呂漁協の歩み環境への取り組み個人情報の保護 
常呂漁協について
常呂漁協の歩み
ごあいさつ
本組合の主力漁業である外海帆立漁業は、明治45年鐺沸(とうふつ)漁業組合(本組合の前身)創立以来、豊漁と不漁・禁漁の歴史を繰り返してまいりましたが、その間の長い経験の中から、組合員による帆立稚貝の採苗、中間育成技術の研究と適正放流、漁場区画割による漁獲方法(四輪採制)の導入、全組合員による共同経営等により”獲る漁業”から”育てる漁業”へと転換を図り、昭和54年より安定的漁業に成長し現在に至っております。
この間の歴史は、先達のたゆまぬ努力によって築きあげられたものであり、私達はその相互扶助の精神を基調として今後の漁業経営を策定して参ります。
漁業環境は国内的にも国際的にも厳しさを増しておりますが、国民の食生活の一翼を担う立場を認識し、協同組合運動の中で漁業者はもとより、豊かな地域社会の建設に邁進していく所存であります。
今後とも皆様のご支援を賜ります様お願い致します。

常呂漁業協同組合
代表理事組合長 髙桑 康文

沿革 (関連団体との共同事業・公共事業等含む)
明治45年 鐺沸漁業組合設立 組合長 加藤留五郎
昭和 2年 常呂川鮭鱒ふ化場設置(北見市三輪)
昭和 7年 組合長 中野宏平
昭和 9年 帆立稚貝採苗試験(木下式垂下方)実施
昭和 10年 無限責任常呂漁業協同組合に改組 組合長 新谷広治
帆立乾貝柱共販開始
昭和 11年 カキ採苗養殖事業実施
昭和 13年 常呂川鮭鱒ふ化場設置(北見市中ノ島)
昭和 16年 無限責任佐呂間漁業協同組合を吸収合併
常呂漁協佐呂間支所開設
昭和 19年 常呂漁業会に改組 会長 新谷広治
昭和 21年 会長 上杉隆昌 会長 鈴木仁三郎
昭和 24年 常呂漁業協同組合創立 組合長 佐藤富蔵
昭和 25年 常呂魚菜卸売市場開設
昭和 26年 組合長 新谷広治
昭和 27年 サロマ湖養殖漁業協同組合設立 組合長 新谷広治
常呂漁協栄浦支所開設
常呂川河口港第一種漁港指定
昭和 28年 漁船機関修理工場経営開始
昭和 31年 信用部独立店舗事業開始
昭和 33年 婦人部発足
常呂漁港竣工
昭和 34年 常呂加工協会設立
無線局開局
信用部店舗新築
昭和 35年 かもめ保育園開設
荷捌所建設
昭和 36年 常呂川汚濁防止総決起大会開催
栄浦漁港第一種漁港指定
山林買収植林開始
昭和 37年 組合長 高田良一
農漁協共同給油所開設
昭和 39年 常呂川汚水防止対策漁民大会開催
昭和 40年 常呂川水質基準設定
道立サロマ湖海藻類人工採苗場設置
簡易ふ化室設置(福山幌内川)
帆立稚貝採苗事業開始
昭和 41年 青年部発足
製氷冷凍工場完成
常呂漁港開港
昭和 43年 水難救済会常呂救難所発足
北海道のり養殖センター設置
昭和 44年 常呂漁港第2期修築工事完成
昭和 45年 鮭鱒多目的ふ化室設置(鐺沸)
昭和 46年 ほたて増養殖5ヵ年計画樹立
帆立稚貝外海放流
帆立操業方針改定(全船共同経営)
昭和 47年 栄浦支所事務所新築
昭和 48年 常呂漁協本部事務所荷捌所完成
昭和 49年 サロマ湖に流氷流入、養殖施設に被害
組合長 小笠原敬
常呂町営ますふ化場建設(福山幌内川)、常呂町と共同経営
昭和 50年 サロマ湖養殖許容量調査実施
昭和 51年 佐呂間支所新築移転
海区別稚貝放流開始
昭和 52年 漁船修理工場新築
昭和 53年 サロマ湖第2湖口通水
昭和 54年 帆立操業船12隻進水 4輪採操業開始
置戸勝山に鮭鱒ふ化場用地購入、ふ化場設置
帆立貝殻処理工場完成
サロマ湖許容量決定
昭和 55年 帆立乾貝柱加工場完成
浜佐呂間研修所完成
昭和 57年 漁村センター完成
鐺沸洗浄施設設置
昭和 58年 帆立増養殖発祥の地碑・常呂漁協発祥の地碑建立
浜佐呂間作業保管施設完成
昭和 59年 栄浦作業保管施設完成
昭和 61年 帆立エキス工場完成
栄浦荷捌所完成
昭和 63年 浜佐呂間荷捌所完成
農漁協共同給油所新築移転
平成 元年 農林水産大臣賞受賞(共済事業)
信用部店舗新築移転
平成 2年 第1回ところ日本一ほたて祭り開催
農林水産大臣賞受賞(信用事業)
平成 4年 水産廃棄物処理施設完成
朝日森林文化賞受賞
農林水産大臣賞受賞(漁協経営)
平成 5年 冷凍冷蔵施設新築移転
農林水産大臣賞受賞(栽培漁業推進)
平成 6年 農林水産大臣賞受賞(共済事業)
平成 8年 日吉ふ化場開所
平成 9年 環境庁長官賞受賞
平成 10年 組合長 川口和夫
平成 11年 漁場管理レーダー設置
平成 12年 農林水産大臣賞受賞(共済事業)
平成 13年 内閣総理大臣表彰受賞(緑化推進運動)
農林水産大臣賞受賞(共済事業)
サロマ湖湖口アイスブーム完成
ナマコ増殖試験開始
平成 14年 置戸ふ化場新築
サロマ湖第2湖口改修工事開始
平成 17年 農林水産大臣賞受賞(共済事業)
平成 18年 市町村合併新北見市誕生(北見・端野・常呂・留辺蕊)
平成 19年 組合長 髙桑康文
日吉ふ化場養魚池・飼育池新設
平成 20年 救難所全道大会優勝
平成 21年 排水処理施設新築移転
若里作業保管施設完成
常呂川水系環境保全条例制定
平成 22年 サロマ湖ナマコ採苗試験実施
常呂川河口に大量の砂堆積。緊急掘削工事実施
平成 23年 常呂漁港新港通水
福島原発事故により食品の放射能検査開始
日吉ふ化場にマスふ化施設・養魚池新設
置戸町春日飼育池改修
平成 24年 サロマ湖第2湖口航路砂で埋塞。緊急開削工事実施
組合発祥100周年記念式典実施
新定置船造船
ホタテエキス工場新築移転
100年の森(端野町豊実)造成開始
消防指揮車・輸送車寄贈
農漁協共同給油所改修
平成 25年 貯金残高200億円超により特定組合となる
常勤監事、内部監査室設置
平成 26年 帆立漁業45,184tで歴代1位の漁獲数量を記録
組合総水揚117億で歴代2位の取扱金額となる
平成 27年 第4代目帆立操業船建造開始
漁協直売店新築更新